オーストラリアの安心・快適ロングステイ


HOMECQLA通信バックナンバー目次

お客さま各位

CQLA通信 <2011年11月10日>     

いよいよあと2日で、恒例のロングステイフェアー11/12(土)が開催!
そして、今年も、オーストラリアからはCQLA代表藤井三香が会場入りします。

今年のCQLAブースでは、もっと目的別対応します。

「旅」としてのロングステイ情報の欲しい方、海外オフショア口座や資産形成に
ご興味のある方、そして留学や移住に興味があるがどこから始めたらよいかわ
からない方、などなど、それぞれに担当が対応します。

また今年は、CQLA「オフショア講座」の「既受講者」の生徒さんへ、講師である
代表・藤井三香の特別にポイントレッスン(無料)をご提供します。但、「限定数」
「当日受付け」のみとなります。詳しくは、下記でご確認ください。

場所は、例年の「東京ビックサイト」会場ではなく、「国際展示場正門」駅の反対
側「東京ファッションタウンビル(TFT)ビルです。

今の日本や欧米の不景気風を吹っ飛ばして、会場で情報満載の1日を楽しく過
ごしてみませんか?何か違う貴方の可能性が見つかるかもしれませんよ!

■━━━━━━━━━━━━━今回の内容━━━━━━━━━━━━━■

【1】海外・国内ロングステイ&移住フェア2011
   CQLA藤井三香やベテラン・ステイヤー&受講体験者に会おう!

【2】CQLA「オフショア講座」の「既受講者」へのポイントレッスン(無料)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

【1】海外・国内ロングステイ&移住フェア2011
   CQLA藤井三香やベテラン・ステイヤー&受講体験者に会おう!

今年は世相を反映してか、旅行の延長戦上のLSから、移住・永住を考えて
のLSの準備、そして金融・資産運用・生命保険・旅行医学の危機管理など、
さまざまな角度からの切り口です。

その年齢や目的により、可能なこと、準備できること、長期計画で備えること
など、それぞれ異なります。まずは事前準備と情報収集が欠かせませんから、
コレ ↓↓↓ が、チャンスです。

   ロングステイフェア2011
   http://www.dokodekurasu.jp/link11_zone01.html

   場所: 東京ファッションタウンビル(TFT)西館2F
        会場へのアクセス方法はこちらのページをご覧ください。
        注)例年の「東京ビックサイト」とは異なり、駅の反対側です。

   日時: 2010年11月12日(土)  
   時間: 午前10時〜17時00分

   主催: 財団法人 ロングステイ(LS)財団
   後援: 経済産業省、観光庁、(社)日本旅行業協会、日本経済新聞社
   協賛企業:(海外)政府観光局、LS財団関連(含:公認海外サロン 他)
          (国内)地方自治体、国内LS向けサービス企業・団体 他

   出展・内容:セミナー、各種相談ブース、LSアドバイザーによる相談他

<目的別のCQLAブース>
今年もCQLAのブースは「LS財団正規海外サロン」そして「CQLA」としての
「二つの顔」で対応します。

あくまでもLSは「旅行」の延長線上という方、そしてCQLA講座「オフショア
口座から学ぶ」に興味のある方や豪国での権利を利用しての「資産構築」に
ついてのノウハウの秘密など、それぞれケアンズのベテランロングステイヤ
ー(10年)の方、既「オフショア講座」受講生の方、そして代表藤井三香が
会場で直接、皆さまのご相談に応対します。

  CQLAブース「オセアニアゾーンNo2」
  http://www.dokodekurasu.jp/media/site11/longstay-2011_p1-p2-4.pdf

 ↓↓↓ CQLAブースでは、こんなご要望の方々にピッタリ ↓↓↓

a)旅行目的のLSやケアンズの情報に興味のある方 
  -シニアだけでなく、年代に関わらずケアンズ観光や見どころの欲しい方 
  -シドニー・メルボルン・ゴールドコースト等にない「ケアンズの魅力」を知り
   たい方
  -ケアンズでのLSのコツや滞在について何でも相談したい方                     

→ CQLAのベテランロングステイヤー、ケアンズのLS滞在10年の方が
  皆さまのご質問に対応します。

b)CQLA講座「オフショア口座」に興味のある方
  -既に受講された方(=体験者)からの感想を聞きたい方
  -日本の将来が不安で「資産構築」や「資産管理」に不安のある方 
  -日本の銀行の「外貨口座」や豪国の東京支店の「口座」との違いなど
   を知りたい方
  -なんとなくCQLA講座「オフショア口座」に興味のある方
                    
   受講された体験者の声
   http://www.cqla.com/activities_cons_koe01.html

→ 既に受講された体験者の方が皆さまのご疑問を受け付けます。

c)留学・移住・永住に興味のある方(特に20〜40歳の方)
  -将来が不安、、、まだ「漠然」だが「海外移住」を希望している方
  -子供への汚染が心配!ケアンズへ移住(含:子供の学校)できない
   かしら?と漠然と考えている方
  -あくまでも、純粋に期間限定で、短期・長期の留学をしたな〜の方
  -子供の現地留学(親付き・親なし)へ興味あるけど、金銭感覚のなく
   「できたらいいな〜」と漠然と考えている方

CQLAコンサルティング体験者の声 ←このページ右下よりリンクできます
http://www.cqla.com/tlc_layout/consulting_taiken.html

→ 自らが社会人留学・移住・永住のプロセスを体験したCQLA代表藤井
三香が、「夢の実現」への「方法」と「解決法」をアドバイスします。

CQLA.代表藤井三香(在豪17年)は、豪大学院出身「オフショア口座」プロ。
日本人(=旅行者)に有効な豪国「金融システム」と「法律」のコンサルタント。

個人資産(=現存保持?将来形成?)の講義は定評。「資産」は「資質」、
「資質」は「努力」で磨かれます。

受講者はLSより「将来&老後」に不安な20〜40歳や「次世代へ」と望む
〜80歳迄と幅広い。

自らの世代を超えて得た経験を元に、「現実的」かつ「的確」な講義で貴方
の本音に迫ります。

貴方のLSは今?それとも将来?「不安な日本」…それなら貴方はどう対応
しますか?

 CQLA講座「オフショア(海外)口座から学ぶ」
 http://www.cqla.com/activities_cons_00.html


【2】CQLA「オフショア講座」の「既受講者」へのポイントレッスン(無料)
過去にCQLAオフショア講座を受講された受講生の為に、、今年2011年は
講師・藤井三香が特別に「個別」に当日「ポイントレッスン(無料)」を実施します!

現地でCQLAオフショア講座を受講し、(講師の藤井先生に何度も念押しされ
たので)、その夜、ちゃんと「復習」もしたし、翌日、また「自習」したけど、帰国
後、あれから時間がたって、本当にちゃんとマスターしているのか不安?

(必ずメモを取るようにと言われたので)ちゃんとメモを取ったから安心と思って
いたら、あとで見たら自分のメモがよくわからない?

各種の情報の収集について、ちゃんと教わったけど、あの時は覚えていたは
ずなのに、いざ自分で「応用編」となったらわからなくなった?

などなど、実は受講後、あれから帰国して「自分で運営しているけどちょっと
だけ不安」「次へスキルUpしたいけど」という方へ、貴方の受講時の記憶をよ
みがえらせるポイントレッスン(無料)が受けられます。

注)これは過去の「オフショア講座受講者のみ」の恩典です。現在、受講予約
  済の方、または受講されていない一般の方は対象外となります。

注)「受講生1組(=個人又はご夫妻)」「15分間」「当日予約」の限定数の
  受付けです。

注)当日の受付枠は「毎時1回15分のみ(例:10時〜10時15分など)」。
  各回の15分枠は、フェア開催時間(10:00〜17h:00)のみですので、
  非常に「限定数」の対応となります。

<当日の予約方法>
ご希望の受講生(=過去のCQLA講座受講者のみ)は、まず当日の朝、LS
フェア会場の「オセアニアゾーン(TFT300)」のCQLAブース「3番」へお越し
ください。

CQLAブースにて、当日「限定」予約表がありますので、ご希望の時間をスタ
ッフに告げて、講師・藤井三香による貴方だけの「プライベート・ポイントレッス
ン」の15分枠をGETして下さい。

尚、「1時間1枠」の「限定対応」です。同じ時間枠で2組目はご予約できま
んので、ご注意ください。

万一、間違って同じ1時間の中に2組ご予約された場合は、前者ご予約が優
先(例:10時〜10時15分に「A夫妻」→10時15分〜30分「Bさん」の場合
は「A夫妻」のみ受け付け」)されます。

その場合は、後者の方は別の時間帯(例:11時〜11時15分で再度、予約
をしてください。

<予約時間について>
当日、予約後、お約束のお時間に来られない既受講生がおられた場合、一般
の方でCQLA代表藤井三香への対応を望まれる方が優先されたり、上記の
例の「Bさん」のようなケースの既受講生の方が、その空いた枠をご利用され
ることになるかもしれません。

LSフェアは、たった1日(10時〜17時)の開催です。

毎年、CQLA代表藤井三香の対応を望む方はたいへんに多く、撤去の時間
になってもお話が終わらない方がおられます。

よって、今回初めて実施するこのCQLA「オフショア講座」の「既受講者」
へのポイントレッスン(無料)は、一般の来場者との「平等性」を考えて、今
回「1時間1枠」としております。必然的に「限定数」となりますので、マナーを
持ってご対応下さい。

CQLA講座の受講生の皆さまには、ご協力とご理解をお願いいたします。

***************************あとがき***************************

  CQLA代表藤井三香です。2日ほど前に宝塚宅へ入りました。
  急にたった1日で関西は冬の気温に変わり、朝は0度となり、ケアンズの
  留守宅を頼んでいるCyrilに電話すると「じゃ、雪が降るの?」って言われ
  「いやいや朝晩冷えてるだけよ、、」と、ハハハです!ところで最近はブロ
  グ【海外のプロ】藤井 三香のオーストラリア・ケアンズ便りに記事が
  書けていません。すいません、、、忙しくて、、、書く暇もなく、、

  それでも、このブログを「藤井の元気のバロメータ」と考えるCQLA応援団
  やリピーターの方は、せっせとこのブログを閲覧して頂いているようです。
  とうも、どうも、有り難いことです。「皆さ〜ん、ありがとうね〜!」
  いずれにせよ、、とりあえず藤井三香は元気です。

  元気ですが、仕事とビルダーとの戦いの両立は、はなはだ大変で、日本
  へ来ても、やっぱり仕事の書類は山のように積もっていて、「とりあえずフ
  ェアが終わってからね、、、」と言いながらも、滞在中の時間経過の必要
  な仕事は片付けなければなりません。

  しかし助かるのは、どこへ行っても、一度、会っただけの担当でも、いつも
  何故か、各担当さんが藤井を覚えていて、スーと話が進みます。馴染みの
  担当なんかいると、皆が「あ、お帰りなさい!」っていってくれて、これも
  有り難いことです。いやいや、日本も悪くないジャンなんて、、、ハハハ!

  それにしても豪宅のMing姫とCheeky武蔵君は、今頃、キャット・リゾート
  でどうしてるかな?あのフニャーがないのが、さびし〜いな?なんて到着
  してたった3日なのに、もう「オーストラリへア帰りたい病」になりつつある
  藤井です。家の中の歩く距離が違うから、どうもなんか運動不足ですし、
  胃腸にもよくないみたいだし、、、それにいつものニュージーランド・ワイン
  の味も、何かちょっと違うのよね〜(笑) 

  2011年11月10日

 

ケアンズ・クオリティー・オブ・ライフ・オーストラリア
Cairns Quality of Life, Australia (CQLA)

      大好評!MIKAの日本語FMラジオ「生」放送
毎週(土)午後6-7時 ケアンズ・コミュニティ―・ラジオ局FM89.1

********* CQLA is the only official window of
              the Long Stay Foundation(Japan) in FNQ ************

*ロングステイ財団公認海外窓口(サロン)の役割も兼務しております。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Cairns Quality of Life, Australia Pty Ltd. (CQLA)
No.8, Solander Medical Centre
182 Grafton Street
Cairns QLD 4870 Australia
Email: office@cqla.com
http://www.cqla.com/
English: http://www.cqla.com/x_english.html
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※上記内容に関するお問合せやそれ以外のCQLAに対するお問合せは
 右記→よりどうぞ! http://www.cqla.com/autores/form_ask.html

※このメールの掲載情報への返信、新規追加希望、アドレス変更、削除
 希望は次のメールアドレスへお知らせください。 cqlaoffice@aol.com

※このメールでの再配信・ホームページへの掲載は禁じます。

このページの上へHOME

Copyright (c) Cairns Quality of Life, Australia.
All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission from us.